読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つきおとされた

三次元回帰キャンペーン中

島村卯月のようになりたい話

久々にシンデレラガールズのアニメ23~25話(最終話)を見て、これまで何度見たかわからないくらい見たのにそれでも泣いてました。

アイドルマスターシンデレラガールズとは、元々ゲームとしてあったアイドルマスターから派生した作品のひとつで、アイドルをプロデュースして育てるというようなソーシャルゲームです。モバマスなどと呼ばれています。他にはスターライトステージもシンデレラガールズのゲームのひとつです。
それを元にしたアニメは、島村卯月渋谷凛本田未央をはじめ、とある芸能事務所の「CINDERELLA PROJECT」のメンバーが中心となり展開されていく、彼女たちの成長物語です。

個性的なキャラクターがたくさん出てくるのでひとりは好きになれるキャラがいるのではないかと思います。ちなみに私が好きなのは赤城みりあ(11)ちゃんです。一生懸命頑張る姿が健気でかわいくてしかたないです。シンデレラプロジェクトの中では年下ポジションでかわいがられていますが家では下にきょうだいがいるお姉ちゃんであり、お姉ちゃんゆえのモヤモヤも感じています。17話では、年は離れていますが同じ“お姉ちゃん”という立場の城ヶ崎美嘉と「「お姉ちゃんてつらいよね」」と気持ちが繋がるシーンがあり、私も姉ということもあって涙。17話のエンディングの「私色ギフト」は歌詞も曲もとても良いのでぜひ聞いてください。

という感じで私はみりあちゃんが大好きなんですが、しまむーこと島村卯月もみりあちゃんとは別次元で好きです。卯月に対してかわいいと感じたり萌えたりってことはないけど、すごい好き。アニメを最後まで見て好きにならない人はいないんじゃないかと。
20話くらいから少しずつ卯月の葛藤が描かれていきます。このあたりの卯月に関する考察は色んなところでされていて、それぞれちょっとずつ違っていたり共通するところもあったりと読み応えがあって面白いです。話の流れは色んなところにまとめられて書かれているのでそれを見てください…。(説明放棄)

 

自分を見失ってしまった卯月。周りの子たちはそれぞれ個性や強みを活かしてキラキラしているのに自分は何も持っていなくて、キラキラできていなくて。みんなに追いつきたいけど、頑張ってもこの先に何も無いんじゃないか、自分だけの何かを探しても見つからないんじゃないか。この先への不安と、信じることができない自分。

このままここに踏みとどまるか、可能性を信じて先へ進むか。プロデューサーは卯月に選択を任せます。その後、卯月は先へ進むことを選択します。

 

「私、まだ、まだ怖くて、私だけの笑顔になれるか分からなくて…。でも、見て欲しい。私、確かめたいんです。もし、何かあるかもしれないなら、あるか分からないけど、でも、信じたいから。私もキラキラできるって信じたいから。このままは嫌だから…。」

 

卯月が所属しているユニットのメンバーに対して卯月が言ったセリフなんですが、号泣&号泣。この時点ではまだ卯月は信じきれていないし、不安や迷いはたくさんあって。自分だけの何かが見つかったわけでもないし、これから見つかるという確信も持てていない。けど、「キラキラしたい」という思いとそれを信じたい、信じようと前に一歩踏み出す勇気の力強さと素晴らしさたるや…!!!!!
作中で卯月は「普通の女の子」という印象が特に強いんですけど、そういう子が悩んだり迷ったりしながらも前に進んでいくところとか、まだ信じきれてもいないし確信も持てていないけど、それでも、希望や可能性を信じようとするっていうところが…。“信じる”のではなくて“信じたい”っていうのがね、もう…。卯月は卯月だけの笑顔を持っているし十分キラキラしてるよ…!勇気をもらえます。私も卯月みたいになりたい。

 

アニメ シンデレラガールズ、25話あって長いんですけどおすすめなので是非に…。曲も良曲揃いでリアルアイドルに歌って欲しくなるのでそういう意味でも楽しいです。アイドル好きな方は引っかかってくれると信じたい。アニメまではいかなくてもアプリのリズムゲームであるアイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ(略してデレステ)をやってもらえればキャラとか曲は十分わかるのでそちらもおすすめです。

中島健人ソロコン「#Honey♡Butterfly」感想

Sexy ZoneのJohnnys' Summer Paradise 2016のBlu-rayを見終わりました。楽しかった…。4公演でこれだけ詰まって7千円弱はどう考えても安い。
ジャニーズ沼にはまって驚くのは映像や雑誌、グッズの安さ。比較対象はもちろん二次元・声優なんですけど、コンサートグッズはどれも200~300円ずつくらい安いし、アイドル誌は約700円であのボリュームと、なんといってもビジュアルの良さ。声優・アニメ・乙女ゲーム雑誌は月刊のもので千円超えます。コンサートのDVDやBlu-ray1本の値段はあまり変わりませんが、特典映像の内容はジャニーズの方がかなり良いと私は思います。(私は声優さんたちにメイキングによくある内容みたいのを求めていないってのもある。舞台裏の様子とか正直いらない。)ドラマとかは最初からBOXで、しかもメイキングも入って2~3万くらいじゃないですか。良心的すぎかよ…。ちなみに二次元界隈にはアニメの円盤マラソンなる儀式が存在します。お布施です。あとは公式写真。好きなの選べて1枚160円ってヤバイ。普通ならブラインド仕様にしてお目当ての写真が出るまでレッツ チャレンジ~~!ってなってる、絶対なってる。

 

はっ、健人くんのサマパラの感想書こうと思ってたのにいつのまにか脱線してた…。一曲一曲感想書き殴りたいんですけどそれしてたら相当時間かかるので特に良かったと思う3点について簡単に。

 

1.オープニング映像

最高でした。客席や通路、舞台裏を歩きながらジュニアを集め、ステージへ出る準備をするケンティー。 増えていくジュニアたちに比例して私のテンションも上がっていきます。映像があると私たちの心構えもできるし、見てる間に非日常的な時間と空間に引きずり込まれるのでありがたい。満を持してステージに出てきたケンティーはまさしくバタフライであった…。

 

2.演出とジュニア

どの曲もジュニアの演出に無駄なものも足りないものもなくて、ちっちゃい子と大きい子…?(なんて言えばいいんだ)の使い分けがすごく気持ちいい感じで偏り過ぎないし、みんな目立ちすぎず、かつ目立たなさすぎず。見ていてストレスがなかったです。特にぶつかっちゃうよとカレカノとTouchが好きです。ぶつかっちゃうよのケンティー VS ちっちゃいジュニアの構図はめちゃくちゃかわいいし、ジュニアに着替えさせられてるケンティーとか、ジュニアをタッチしていくケンティーと元気になっていくジュニアとか…良い…。
あとはやっぱりみんな楽しそうだったのが良いですよね。谷村くん最高でした。甘いセリフのときより後ろで踊ってる様子を見てぐっときた。
なんといってもTouchはハニーたちに投げキスを求めるのが最高。コンサートで客がすることと言えばコールとかアイドルに手を振ったりとかの働きかけじゃないですか。あれってファンサされたいだったり、何か伝えたいだったり、なんにしても基本こちら側がやりたいからやるっていうスタンスですよね。アイドルが煽ったり、これやってってのもあるけど、ここまで求められてる感はないんですよ。アイドルから与えられるからこちらも返すっていう印象が強い。でも健人くんは、(もちろん与えられてるものは大きいけど)返すんじゃなく、ただケンティーが欲しがってるからやる、みたいな。日本語って難しいですね。語彙力を下さい。
あとはLove風でイス持って客席を練り歩きながら歌うケンティーはシュールすぎてひたすら笑ったのち我に帰り真顔。でもケンティーワールドの中なので許せます。


3.客席降り

客席降りがLove風とアンコール時のみなのはすごい良かったです。近づいてきてくれたりファンサしてる姿も良いけどパフォーマンスしてる姿をやっぱり見たいから、個人的には客席に降りるのは最小限にしてほしい。あの会場で客席降りて来られたら3階席の人とか置いてけぼりになってそう。

 

中島健人大先生にならついていける(確信)。あんなにキラキラしてるアイドルは他にいないんじゃないかと思うくらいコンサート中の健人先生はキラキラしてる。キラキラしてるから良いって訳ではないんですけど、デレマスを見てキラキラしてることの素晴らしさに気づいてしまったので、ぜひアイドルマスターシンデレラガールズも見てほしいです。お願いします。

担当について

サマパラ見ながら書いてます。勝利くんのYOUR STEPとドラマが最高すぎてリピートしまくってる。

 

外から来た者からするとジャニヲタさんの「担当」っていう言葉はすごい重いしハードルが高いんですよね。その人に人生捧げるかわりにその人に求めるものもすごい大きいような感じ。だから「担降り」って言葉があったり、それですごい悩んだりするんだろうなあ。私は正直もっと気楽に楽しみたい。「○○くん担当です!」って言ったらそれに縛られて自由がなくなりそうで怖い。いつか苦しくなるときが来ると思うんですよね。

私はキスマイでは玉森くん、セクゾでは健人くんと勝利くん、WESTでは重岡くんが好きです。基本は箱推しだし波もあるけど、なんだかんだこの人たちに戻ってきます。

 

まあ1ヶ月後には「○○くん担当です!」ってなってる可能性も十分考えられるのでなんとも言えませんが、私なりにゆるく応援していきたいなと思ってます。

二次元から三次元へ(後編)

ジャニーズを好きになった理由を書くつもりがいつのまにか二次元を離れた理由になってしまったので、後編と題してジャニーズにはまっていった流れを書きます。長い。深夜テンション。

 

ジャニーズにはまりだしたのは去年の夏ごろからです。転げ落ちるようにキスマイ、セクゾ、ジャニストと好きになっていきました。前記事で書いたとおり、これまでジャニーズに興味を持つことはほぼありませんでした。ある時期を除いて。そのある時期がなければこんなに好きになっていなかったと思うのでまずはそこから。

 

高3の夏あたりからなぜかキスマイにはまっていました。理由は不明。どう頑張って記憶を掘り起こそうとしても不明。アルバムを借りたこと、キスマイのレギュラー番組を遡ってほぼ見尽くしたこと、ぴんとこなをリアルタイムで見ていたこと、舞祭組のファーストシングルが出たことは鮮明に覚えています。光のシグナルまでは記憶にあるけどてぃーてぃーてぃーからは全然知らなかったので、たぶんその間にフェードアウトしてたんだと思います。好きだったの夏休みだけだと思ってたからさっきCDの発売日調べてびっくりした。受験生だったのになにやってるんだろ…。フェードアウトしたのは大学に入ってバイトをし始めて、使えるお金が増えて二次元を一番楽しんでた時期なのでたぶんそれが理由かな。あと、完全に自分ひとりの中で楽しんでた(誰かと共有することがなかった)のもあるかもしれません。

 

それから約2,3年の間は、まっっっっったくジャニーズにかすりもしませんでした。声優さん大好き!乙女ゲーム楽しい!イベント行きたい!そんな毎日が最高に楽しかったです。そして転機となる去年の秋頃。ツイッターの全ツイート履歴を参考にしていきます。

 

第一段階:Kis-My-Ft2

ツイッターのフォロワーさん(Aちゃん)が「キスブサ面白いよね」という呟きをしているのを発見。もちろんキスブサを知っていた私はすぐリプライを飛ばしました。そこからふたりで好きな回とか感想を言い合ったりしたようなしなかったような…。徐々に蘇っていくあの頃の記憶。もちろん、追っていなかった間のキスブサも見ることになります。やっぱりキスブサ面白い。曲を聴き出します。懐かしい。そしてAちゃんとキスマイやら他のジャニーズやらについて話すようになった*1のですが、ジャニーズとか全く関係ないアカウントだし、ふたりで別アカウントを作ってそっちで話すようになりました。それが9月27日あたり。キスマイ沼へ落下完了。

 

第二段階:Sexy Zone

一応全員知っていました。デビューしたときに、真っ白な場所でバラを持って歌っていたのをどこかで見て「名前がセクシーゾーンとかダサすぎる」と友達と貶していました。本当にごめんなさい(土下座)。一時期、3人で活動していたのも知っていました。紅白に出てたからかな。あと謎のキスマイ期のときにJMKを密かに見ていたので中島健人というやべえやつがいることも認識済み。

Aちゃんがセクゾについても呟いていたので、教えてもらった動画を見たり。10月1日の時点で「松島くんを弟にしたい!!!」と言っていました。フラグ立つの早いんだよなあ…。 でも空白の間のキスマイを埋めるのが楽しすぎたのでまだ大丈夫。しかし、10日辺りからセクゾに関する呟きが増えていきます。キスマイにない若さがひたすら眩しい。そしてAちゃんにセクゾについていろいろ教わります。18日には健人くんのことを健人先生と呼ぶようになってました。やばい。そして11月に入ってとある理由から黒崎くんの映画を見なければならなくなったのですが、たぶんそれが大きかった。黒崎くんがかっこよかったとかキュンとしたとかではなく、とにかく壁ドンの勢いがすごい。この人はすごい。それからまもなくSexy Zone CHANNELという神番組と出会いました。ちょっと苦手だった風磨くんのイメージが変わり、それまで個人を好きだったのが、Sexy Zoneというグループを好きになりました。それが11月の終わり頃。セクゾ沼へ落下完了。

 

第三段階:ジャニーズWEST

これに関してはとにかく重岡くんの溺れるナイフのキスシーン。一瞬。徐々にとかそういう話ではないんです突き落とされたんです重岡くんに!!!!!

11月29日に「ジャニーズWESTはまだわからないなあ」という呟きが。たぶんAちゃんが重岡くんについて呟いていたんだろう。あるお肉大好き声優と似ているジャニーズがいるというのを聞いて画像検索してみました。確かに似てるなあとは思ったけどその時は特に何もなく終了。そして12月31日、紅白での中島健人さんの振る舞いに脱帽し、よびすての良さをやっと理解したあと、ジャニーズカウントダウンコンサートが始まります。Everybody Goを歌う関ジャニで爆笑し、前髪を上げた松島くんに男を感じ寂しくなり、キスマイのチャンカパーナで癒されたとかは今はどうでも良くて!とうとう重岡くんをはっきりと認識します。しげおかくんかわいい。そして忘れもしない1月3日の夜。WSで流れた重岡くんのキスシーンを見てしまいます。「YA BA I(原文ママ)」*2。落ちました。堕ちました。Aちゃんが教えてくれる動画を見てさらに加速していきます。方言萌えしたの生まれて初めて。落ちてから2時間後、ツイッターで「重岡」で検索しようとすると「重岡 彼女」の検索候補。よくあるよなーと思いつつタップしてツイートを見たときの私の気持ち…。タイミング良すぎて笑いが止まらない。一瞬くらい夢見させてくれても良くない???でもツイート内容で萌えられたので大丈夫です。*3

それから私の画像フォルダは重岡くんだらけになりました。案の定ジャニーズWEST*4の番組も見るようになり、現在進行形でジャニーズWEST沼へ落下中。重岡沼にはすでに落下完了。

 

こんな感じでやってまいりました。最近はJrまで認識し始める始末。特にキンプリ。すべてAちゃん経由です。Aちゃんの好きな人は私も好きという説がありましてですね…。ジャニーズを好きになるきっかけをくれて、思いを共有してくれるAちゃんには感謝しかないです。Aちゃんばっかり出てくるのはジャニーズに関してAちゃんとしか関わってなかったから!ジャニーズについて話せるお友達を最近やっと探し始めたところです。お友達になってくれる方はぜひコメントください。ツイッターでお迎えに行かせていただきます…。

*1:ような気がするだけなので違ったらごめん to Aちゃん

*2:これ打ってるタイミングでシャッフルでゆいかおりの倍速∞ラブストレートが流れ出したのほんとYABAI

*3:これが本人なのかとかプロ意識どうこうはひとまず置いておきます

*4:なんて略して呼んだらいいかよくわからないのと「ジャニスト」とはなぜか恥ずかしくて呼べない

二次元から三次元へ(前編)

現在大学3年生、半年前までは生粋の二次元住人でした。

毎クールごとのアニメのチェックは欠かせないし、好きな声優さんのラジオやニコ生、今後発売される乙女ゲーム・漫画・シチュエーションCDなどの情報を追い、それらを購入して楽しむ日々。半年前の7月といえば、絶対階級学園のVita版をプレイして五十嵐ハルくんに骨抜きにされたり*1していました。(思い出そうとしたけどそれしか記憶になかった。)二次元が最高に楽しくて楽しくて楽しくて、向こう10年くらいは二次元好きでいるんだろうなあと思ってたんです。去年の夏までは。

それが今では、今期アニメは3月のライオン青の祓魔師クズの本懐しか見ていないし、毎日何かしら聞いていた声優さんのラジオは聞かなくなり、ニコニコ動画音泉などのアプリやサイトを開くこともなくなりました。イベントに行きたい欲もゼロに近いし、読んでる漫画を買う以外に二次元関連に出費することがほぼない状態。なぜだろう。

 

ジャニーズにはまってしまいました。沼に落ちました。

 

自分自身が一番驚いています。ちゃんとカップリングとかアルバム曲まで知ってるジャニーズって、仲良い子に好きな子がいた嵐くらいでした。その子につられてCDとかテレビ番組とか見たりしたけど、ファンになるほど刺さらなかった。テレビは好きなのでなんとなくは知っていても、自分の中にジャニーズを好きになったら負けというよくわからない抵抗があったので、ある時期*2を除いてジャニーズに興味を持つことはありませんでした。

 

そんな私が、なぜ三次元のアイドルにはまってしまったのか。

正直よくわからないです。たぶんアイドルを好きになる素質はあったんだと思う。でもジャニーズを好きになったら負けという抵抗(理性)のおかげでそれを回避してたのかなあと。なので、いろいろあってそれがなくなった今、純粋にジャニーズを楽しめています。二次元オタを完全に卒業したわけでもないので、アニメも見るし乙女ゲームもやる。それは事実。でも執着はなくなりました。

今思うと小さな違和感のようなものが積み重なっていたんだろうなあ。去年の春アニメのある作品が、序盤は最高に面白かったのに後半になるにつれ尻すぼみになっていったこと。とある作品の声優さんたちに対する私の考えが大多数の人と合わず、熱が冷めたこと。しょうもないことなんですけど、小さなことが他にもあって、好きでいることを頑張らないといけなくなってました。作品ではなく、三次元である声優さんやその周辺に対してもやもやがあった。そこに突然あらわれた新しい三次元の世界。やはり本物のアイドルはすごい。キラキラ感、魅せ方、ビジュアル、これまでの人生、etc…。私のもやもやはどっかに吹っ飛んでいきました。

 

ジャニーズ沼楽しい!!!!!!!!!!

 

それに尽きます。声優さんを追わなくなって寂しい気もするけど、ジャニーズを好きになったおかげで気持ちが楽になりました。ありがとうジャニーズ、ありがとうアイドル。

*1:年下好きにはおすすめですがメンタルやられる危険性があるので気をつけてください→http://www.prot.co.jp/psv/kaikyu/

*2:謎のキスマイ期.後編で記述